石田国際特許事務所 株式会社イシックス
石田国際特許事務所 株式会社イシックス
English
 
HOMEサイトマップ
 
石田国際特許事務所 SERVICE MENU
商標出願の手引き
特許と特許権
手続の流れ
特許出願
商標と商標権
手続きの流れ
商標依頼書(工事中)
商品・役務分類表
外国部門
外国部門のご紹介
出願実績国(工事中)
提携現地代理事務所
   (工事中)
会社案内
ごあいさつ
スタッフ紹介
業務内容
事務所案内(アクセス)
お問い合わせ
 
特許ウォーカー
石田国際特許事務所 パテントコラム バックナンバー
バックナンバーはこちらをご覧下さい。


【均等論に関する近時の知財高裁大合議判決】
   (知財高判H28.3.25〔マキサカルシトール事件〕)
  ご存じの通り、均等論は、文言上技術的範囲に属さないとしても特許発明と均等なものは技術的範囲に属するという法理であり、最判H10.2.24〔ボールスプライン事件〕において、その適用のための5要件が示されました。
  即ち、@特許発明の構成中の対象製品等と異なる部分(相違部分)が特許発明の本質的部分ではなく(非本質的部分の要件)、A相違部分を対象製品等におけるものに置き換えても特許発明の目的を達成可能で同一の作用効果を奏し(置換可能性の要件)、Bそのように置き換えることに当業者が対象製品の製造時において容易に想到することができたものであり(置換容易性の要件)、C対象製品等が特許発明の特許出願時における公知技術等と同一又は容易に推考できたものではなく(公知技術との非同一性又は非容易推考性の要件)、D対象製品等が特許発明の出願手続において特許請求の範囲から意識的に除外されたものに当たるなどの特段の事情がない(意識的除外等の特段の事情の不存在の要件)、という要件です。
  紹介する事件は、医薬品分野の特許発明に関する初の均等論適用(均等侵害肯定)事例です。尚、原審において均等侵害が認められ、知財高裁は原審を支持して請求を棄却しています。

 

 ビタミンD及びステロイド誘導体に係る製造方法の特許(特許第3310301号)を有する特許権者(一審原告,被控訴人)が、一審被告(控訴人)らの輸入販売に係るマキサカルシトール製剤等の製造方法は本件特許発明と均等であってその製剤等の販売等は本件特許を侵害すると主張して、その製剤等の輸入譲渡の差止めや廃棄を求めた事件(控訴審)の判決です。
      原審は、被告製造方法が本件特許発明と均等であることを認め、これを不服として一審被告らが控訴した控訴審において、知財高裁(大合議)は、均等の5要件の充足を認め、控訴人らの請求を棄却しました。

 

 知財高裁は、相違部分について、出発物質及び中間体におけるビタミンD構造がシス体ではなくトランス体であることと認定しました。
  そして、@非本質的部分の要件について、特許発明の本質的部分を、所定の中間体を経由して新たな経路によりビタミンD構造又はステロイド環構造の20位アルコール化合物にマキサカルシトールの側鎖を導入することを可能とした点にあると認定したうえで、相違部分は本質的部分ではないと判断し、この要件を充足すると判示しました。

 又、A置換可能性の要件について、特許発明の出発物質及び中間体と控訴人製造方法のそれらとは、所定の中間体を経由することによりマキサカルシトールを製造できるという同一の作用効果を果たしていると判断し、この要件を充足すると判示しました。

 更に、B置換容易性の要件について、本件優先日当時、トランス体のビタミンD構造を光照射によりシス体へ簡便に転換し得ることは周知技術であり、トランス体のビタミンD構造を有する化合物を出発物質として、適宜側鎖を導入した後、光照射でトランス体をシス体へ転換して、シス体のビタミンD誘導体を得る方法は広く知られており、シス体のビタミンD構造を有する化合物を出発物質とする場合でもトランス体へ転換し再度シス体へ転換する方法も一般的であった、と判断し、更に反応点付近の化合物の立体構造はトランス体でもシス体でも同じであることを参酌して、この要件を充足すると判示しました。

 又更に、C非容易推考性の要件について、控訴人らは、トランス体のビタミンD誘導体を出発物質としてマキサカルシトールとは炭素数の異なる類似物質を製造する方法に関する文献に基づき、本件優先日当時、容易に推考ができた旨主張したが、知財高裁は原審同様この主張を認めませんでした。

 加えて、D特段の事情の不存在の要件について、出願人が出願時にトランス体のビタミンD構造を、出発物質としてシス体のビタミンD構造に代替するものとして認識していたものと客観的、外形的にみて認めるに足りる証拠はないとして、この要件を充足する旨判示しました。

 この大合議判決は、均等侵害を主張し、あるいはその主張に反論する際に役立ち得るものであり、皆さまの参考になるものと考える次第です。

 
 
サイトマップお問い合わせ著作権・免責事項Privacy PolicyEnglish
copyright(c)2006 Ishida & Associates All Rights Reserved.