石田国際特許事務所 株式会社イシックス
石田国際特許事務所 株式会社イシックス
English
 
HOMEサイトマップ
 
石田国際特許事務所 SERVICE MENU
商標出願の手引き
特許と特許権
手続の流れ
特許出願
商標と商標権
手続きの流れ
商標依頼書(工事中)
商品・役務分類表
外国部門
外国部門のご紹介
出願実績国(工事中)
提携現地代理事務所
   (工事中)
会社案内
ごあいさつ
スタッフ紹介
業務内容
事務所案内(アクセス)
お問い合わせ
 
特許ウォーカー
石田国際特許事務所 パテントコラム バックナンバー
バックナンバーはこちらをご覧下さい。


【リンゴのロゴ 使用巡り裁判 中五社販売2社】  (2月1日付け日本経済新聞)
 「不当に標章(ロゴ)使用の差し止めを求められたとして、愛知県などで中古車販売店を展開する『アップルワールド』が、中古車販売チェーン大手『アップルオートネットワーク』に対し、差し止め要求の取りやめと330万円の損害賠償を求める訴訟を名古屋地裁に起こした」とのことです。両者ともリンゴの図形をデザインした商標登録を有しており、侵害であるとの警告書を受領したアップルワールド社(登録者は個人)は登録商標自体を使用しています。両マークが類似か非類似かについては確かに微妙ですが、特許庁が非類似と判断して現に権利が有効に併存しているところ、どのような判断がなされるか、注目していきたいと思います。

     

【作者の死後70年に  小説や音楽の著作権】 (2月11日付け日本経済新聞)
 「政府は小説や音楽の著作権の保護期間を原稿より20年長い『作者の死後70年』にする著作権法の改正案を今国会に提出する方針を10日までに固めた。」とのことです。
1970年に制定された現行の著作権法は「死後50年」ですが、改正されればおよそ半世紀ぶりとなります。
著作権の期間については賛否両論あり、欧米の多くの国では著作者の死後70年に延長されている一方、日本では「過去の作品を広く社会が活用するために延長すべきでない」との意見が強く50年となっています。ただ先頃日本が締結した環太平洋経済連携協定(TTP)11によれば著作権保護期間は著作者の死後70年であり、記事によれば、政府は著作権保護期間延長を含む改正案を提出する予定、とのことです。
  

 【途上国の知財活用支援 特許庁、特産品商標化など】  (2月20日付け日本経済新聞)
 「特許庁は、途上国の知的財産権のビジネス化を支援する」とのことです。「これまで審査能力強化やIT(情報技術)化など知財保護に重点をおいてきたが、知財を活用して経済成長につなげられるよう協力の幅を広げる。地域産品のブランド力を高めるために商標化を後押しするほか、産官学をつなぐ体制構成を促す」とのことです。具体的には特許庁とWIPOの枠組みにノウハウを持っているジェトロが加わり、地域の優れた製品を発掘し、品質基準や生産組合の規約などを制定し、ロゴマークの作成を支援して商標登録を後押しするとのことです。これまでは知財に関し、審査体制の整備などの支援が主でしたが、ブランド力を高めた製品の販売により、地域経済の活性化を図り、国の成長につなげることを期待しての取り組みのようです。また、途上国の大学、産業界、政府をつなぐ会議対の設置の後押しなども行うとのことです。
 
 
サイトマップお問い合わせ著作権・免責事項Privacy PolicyEnglish
copyright(c)2006 Ishida & Associates All Rights Reserved.