石田国際特許事務所 株式会社イシックス
石田国際特許事務所 株式会社イシックス
English
 
HOMEサイトマップ
 
石田国際特許事務所 SERVICE MENU
商標出願の手引き
特許と特許権
手続の流れ
特許出願
商標と商標権
手続きの流れ
商標依頼書(工事中)
商品・役務分類表
外国部門
外国部門のご紹介
出願実績国(工事中)
提携現地代理事務所
   (工事中)
会社案内
ごあいさつ
スタッフ紹介
業務内容
事務所案内(アクセス)
お問い合わせ
 
特許ウォーカー
石田国際特許事務所 パテントコラム バックナンバー
バックナンバーはこちらをご覧下さい。


【海外からの模倣品の持ち込み、個人使用でも没収へ】 (10月2日 日本経済新聞)
政府は、海外から持ち込まれる偽ブランド品等の取り締まりを強化するため、これまで規制対象外であった個人使用を目的とする輸入についても、商標権の侵害に相当すれば税関で没収できるようにするようです。
 現行の商標制度では「業として」の輸入行為のみが違法になっているため、“個人的な使用のため”と偽って模倣品を輸入する事業者が増えているようです。そのような状況を踏まえて、政府は、輸入目的の如何を問わず海外事業者が日本に持ち込む模倣品を取り締まることができるように商標法の改正を行う方針のようです。
 なお、模倣品を買った個人に対する罰則については設けない方向で法改正が検討されるようです。

【特許庁、中小に対する手数料の減免制度の縮減へ】  (10月9日 日本経済新聞)
政府は、海外から持ち込まれる偽ブランド品等の取り締まりを強化するため、これまで規制対象外であった個人使用を目的とする輸入についても、商標権の侵害に相当すれば税関で没収できるようにするようです。
 現行の商標制度では「業として」の輸入行為のみが違法になっているため、“個人的な使用のため”と偽って模倣品を輸入する事業者が増えているようです。そのような状況を踏まえて、政府は、輸入目的の如何を問わず海外事業者が日本に持ち込む模倣品を取り締まることができるように商標法の改正を行う方針のようです。
 なお、模倣品を買った個人に対する罰則については設けない方向で法改正が検討されるようです。

 
 
サイトマップお問い合わせ著作権・免責事項Privacy PolicyEnglish
copyright(c)2006 Ishida & Associates All Rights Reserved.