石田国際特許事務所 株式会社イシックス
石田国際特許事務所 株式会社イシックス
English
 
HOMEサイトマップ
 
石田国際特許事務所 SERVICE MENU
商標出願の手引き
特許と特許権
手続の流れ
特許出願
商標と商標権
手続きの流れ
商標依頼書(工事中)
商品・役務分類表
外国部門
外国部門のご紹介
出願実績国(工事中)
提携現地代理事務所
   (工事中)
会社案内
ごあいさつ
スタッフ紹介
業務内容
事務所案内(アクセス)
お問い合わせ
 
特許ウォーカー
石田国際特許事務所 パテントコラム バックナンバー
バックナンバーはこちらをご覧下さい。


【「ステーキの提供システム」事件】   
 本事件は、代表的には特許異議申立ての取消決定の取消訴訟(知財高裁平成30年10月17日判決、平成29年(行ケ)第10232号)ですが、審査段階(特願2014−115682、特許第5946491号)、異議の審理段階(異議2016−701090、訂正請求あり)を含めた各段階で興味深い経緯を経ています。
  又、本事件の代表的な論点は発明該当性(特許法29条1項柱書)ですが、この他にも様々な論点を理論(学術)的にも実務的にも本事件から見出せます。
  以下では、本事件から派生する一つの論点である、基本クレーム(最も広い請求項1の発明)を特許出願時にどのように設定すべきか、という論点について、研修で紹介されていた一つの考え方を、ご参考に供するためにご紹介します。尚、当方及び当事務所は、以下の考え方を常に推奨するものではありません。どの考え方をとるのが良いのかは、当然、ケースバイケースになります。

   

 基本クレームの設定に関し、よく知られた考え方として、基本クレームを可能な限り(挑戦的に)広くし、段階的に下位クレームを設ける、というものがあります。この考え方は、審査がどう転ぶか出願時には分からないこと、又審査の出方を見て基本クレームを下位クレーム等への補正により微調整でき、可及的に広い発明の権利を取得し易いこと、更には出願公開等により広い基本クレームを見るであろう同業他社を牽制できることから、一定の合理性があります。本事件においても、発明該当性を得るためではあるものの、出願当初の広い基本クレーム(ステーキの提供方法)から、徐々に狭く補正・訂正されています(ステーキの提供システム)。
しかし、この考え方は、権利行使時に問題となる均等論の第5要件(包袋禁反言)に関し、不利となり得ます。なぜなら、この考え方によれば、広く設定した出願当初の基本クレームを、下位クレーム等の構成を付加する補正により限定して権利化するものであり、出願当初の基本クレームの技術的範囲については、権利化を諦めたものとして、包袋禁反言により特許権を主張できなくなるからです。
そこで、拒絶理由通知をもらうことなしに一発登録を受けるべく、比較的狭く基本クレームを設定する、という考え方が出てきます。拒絶理由通知をもらわなければ、特許性を主張する意見書の提出がなく、包袋禁反言の材料が出願時の書類しかないことになり、この意味で基本クレームが強いものとなります。又、出願後に基本クレームを狭く設定し過ぎたと気づいた場合、狭い基本クレームの一発登録を得ておいた上で、広い発明に係る分割出願を登録査定時に行うことができます。この考え方は、特にコストを多くかけ得るような重要な特許出願、又基本特許となり得る出願に向いているものと存じます。



 
 
サイトマップお問い合わせ著作権・免責事項Privacy PolicyEnglish
copyright(c)2006 Ishida & Associates All Rights Reserved.